白無垢と色打掛

笑顔の新郎新婦

西洋式の、教会で挙げるタイプの結婚式ではタキシードにウェディングドレスという洋風の衣装を身に着けて臨むことになります。それに対して、神前式は和の結婚式なので当然ながら衣装も和風ということになります。
具体的には新郎は凛々しい紋付き袴、そして神父は清楚な白一色の白無垢を身に着けることになります。
もちろん東京の神社で、白無垢は着付けをしてもらうことができます。式当日は、東京の神社に向かうと和服の扱いに手慣れたスタッフの人たちが「白無垢姿の花嫁」を美しく仕上げてくれるでしょう。
とはいえ、「白無垢は美しいけれどちょっと地味かも?」と感じる女性もいるかもしれません。確かに、男性の紋付き袴は黒を基調としていますから、女性の白無垢と並んで立つとモノクロのツートンカラーで、見た目がちょっと地味に思われるかもしれません。
しかし、その点も抜かりはありません。「日本文化といえば地味」と思われがちですが、やっぱり昔の人たちもカラフルなものは大好き。たとえば安土桃山時代とか、江戸時代の元禄期とかにはきらびやかな衣装を身に着けるのが大流行しました。というわけで、東京の神社の神前式では「清楚」「厳粛」「地味」といったイメージとは裏腹に、もちろん結婚式ならではのきっちりとした雰囲気はありながらも、衣装にカラフルさを求めることができます。神前式の衣装としては、白無垢のほかに色打掛というタイプの衣装があります。東京の神社で迎える神前式の当日、赤や黒、金などの色があしらわれたカラフルな色合いの美しい衣装を、着ることができるのです。