結婚をする二人

はやってる結婚式

日傘をさす新郎新婦

二人の生活をスタートする時に神前式で東京で結婚式を挙げる方が増えています。洋式ではなくて神前式が最近で見直されて人気となっています。

手のひらサイズの箱をパカッとあけると輝く指輪が。そして彼の口から出るロマンチックな誘い文句……一生を一緒に過ごしたい、という意思。つまりプロポーズですね。まさに女性にとっては夢のような瞬間。そのときの喜びはまさに人生でいちばん!という感じではないでしょうか。しかしそこから有頂天になったまま浮かれっぱなしの一生を送るというわけにはいきません。いろいろと感がなければならないことがあります。たとえば近々の問題として最も重要なのは、『どんな結婚式にするか』ということです。ウェディングの形式は数ありますが、やっぱり素敵な、自分たちはもちろんみんなの思い出になる結婚式にしたい!そう考えるところだと思います。

今回は、神前式というスタイルの結婚式を提案します。神前式とは古来、行われてきた和の結婚式です。会場は神社。八百万の神様たちの前で永遠を誓い合う、というのが神前式の基本です。
「古くさいんじゃない?」という声があるかもしれませんが、さにあらず。
和風といえば「古いスタイル」と思ってしまいがちですが、実は流行の最先端を疾走する東京でも、神前式は流行しています。
大安吉日の縁起が良い日には、東京じゅうの神社が神前式の新郎新婦であふれる……というのはちょっと言い過ぎですが、とにかく流行しているのです。白無垢と紋付き袴で清楚にキメた新郎新婦の姿。厳かで清浄な雰囲気。教会で上げるスタイルの結婚式が東京を中心に全国でもすっかり一般的になってしまった今。だからこそ、逆に新しいということで人気なのです。
東京には神前式を挙げることができる神社がたくさんあります。どのような式を挙げることになるのか、見てみましょう。

神前式の式次第

神社を歩く新郎新婦

大流行中の神前式。東京の神社で挙げる和の結婚式は、どのような式次第で進行するものなのでしょうか。難しそう、と思われがちですが実は教会式の結婚式にも通じるところがあります。

この記事の続きを読む

白無垢と色打掛

笑顔の新郎新婦

神前式は和の結婚式なので、衣装も当然ながら和服。女性の場合は白一色の白無垢が定番ですが、東京の神社ではカラフルでありながら清らかな印象がある色打掛も選ぶことができます。

この記事の続きを読む

挙式後のパーティー

うつむいている新婦

結婚式といえば披露宴パーティーですが、東京の神社で神前式を挙げたあとで提携するレストランで大々的に催したり、境内の会食スペースでコンパクトに済ませることもできます。

この記事の続きを読む